支援センター

ごあいさつ

 日本全体において高齢化が進み、4人に1人が65才以上の高齢者という時代になってきています。富山市もその例外ではなく、高齢化して身体機能が衰えた地域住民が、どのような形態の住宅に住みどのような医療や介護をうけて生活するかが大きな問題となってきています。
 富山市医師会は地域住民の方々の住み慣れた地域でその人らしい生活を送りたいとの願いがかなうよう、また会員の医師の皆様が在宅医療を行いやすい環境をつくるべく活動を行ってきております。
 平成24年4月に、在宅医療を行っている又はこれから始めようという会員の物的および人的負担軽減を図る目的で、富山市医師会在宅医療支援センターを立ち上げました。今後このセンターのサービスを積極的にご利用下さり、センターの業務がさらに発展するようお力添えをよろしくお願いいたします。

事業内容

在宅医療全般の支援

富山市医師会在宅医療支援センターは、
富山市医師会員が富山市において在宅医療を提供しやすくするための機関です。

1.在宅医療や介護に関わる研修
2.医療や介護に関わる多職種連携の支援
3.夜間や不在時における開業医の連携促進
4.医療器材や機器供給の支援
5.在宅患者情報の共有化支援
6.在宅医療を行った症例の情報管理
7.関係機関との連絡調整
8.広報
9.庶務・会計事務

お問い合わせはこちら
このページの先頭へ▲

活動報告


Ⅰ.在宅医療消耗器材共同購入システム
在宅医療に用いる消耗器材を、なるべく少ない単位で購入できるシステムを立ち上げました。
Ⅱ.医療機器貸し出し
在宅医療に用いる、使用頻度は少ないが高額な機器を揃えて貸し出しすることになりました。
現在のところ、麻薬の持続注入に用いる小型シリンジポンプを用意しております。
Ⅲ.ポータブルレントゲン撮影
在宅で撮影可能なポータブルデジタルX線撮影装置を健康管理センターに備え、
医師会員の依頼により放射線技師が出向して撮影いたします。
Ⅳ.患者情報共有ITツール
Ⅴ.夜間や不在時における開業医の連携支援
開業医どうしの連携支援を行っています。
また、病院や施設から診療所への患者さんの流れを円滑にする連絡ツールを
用意しておりますので、ダウンロードして連携グループ内でお使いください。
このページの先頭へ▲

foottop